合宿免許の入校から卒業までの流れ

合宿免許を取るには、まず、メールや電話でお申し込みをします。

合宿免許を申し込んだ後は、指定された駅や、教習所に集ります。


受付を済ませたあとは、入校手続き、視力の検査、写真を撮るなど、担当指導員から流れや今後の生活についての説明などがあります。



その際には、指定された必要書類などを忘れてしまうと、スケジュール通り入校できなかったりしてしまうため注意する必要があります。
先行学科により、運転に関する基本的な心得などを学びます。
次に、第一段階の教習があります。



第一段階は普通車のATは12時限、普通車のMTは15時限以上になります。
学科教習は10時限となり、運転者の心得や基本的な道路交通法などを学びます。

最後に、教習の効果を確認するためのみきわめが行われます。


それに合格すれば、修了検定となり、仮免許試験が行われて、合格すれば仮免許試験となります。
第二段階の技能教習は、AT限定の場合は16時間、MTの場合には19時間以上の教習が必要となります。

学科教習は全部で16時限となります。

最後には、技能教習の見極めが行われ、合格すると、卒業検定となります。
卒業検定は、路上と教習内コースを使って行われます。



最後に合格することができれば、卒業証書を受け取り、卒業することになります。

卒業することができたら、あとは合宿免許が終了となります。
合宿免許が卒業した後は、本免許学科試験を受けるために、住民票がある都道府県の運転免許試験場で、本免許学科試験を受けることになります。