広告効果は抜群!ラッピングカー

  • 繰り返し変身できるラッピングカー

    • ラッピングカーとは、予め広告等が印刷されたフィルムを車体に貼り付けた車両のことです。
      バス、トラックなど大型車両の他、タクシーやハイヤーなどのラッピングカーもあります。

      予め粘着フィルムに広告等を印刷し、車体に貼り付ける手法を使っているので、塗装によるカラーリングに比べ、施工費が安く、製作期間も短期間で済むため、企業や店舗が宣伝のために広告媒体として広く活用しています。フィルムによるラッピングは、部分的な追加や貼り替えが容易で、たとえば企業のロゴデザインがリニューアルされたり、店舗の電話番号が変わった場合等にすぐ対応できることも、近年、活用が活発になっている要因です。


      手軽さが魅力のラッピングカーですが、導入する場合には車両を走らせる地域の市町村各自治体に事前に規則について確認し、申請する必要があります。
      非営利目的でも許可が必要なのか、車体の中で広告を貼ってはいけない部位はあるのか、など地域によって細かくルールが異なるので注意が必要です。

      ラッピングカー情報はすぐに役立ちます。

      分かりやすい例で言うと、観光名所となっている地域などでは、景観にそぐわない広告は許可が下りないことがあります。


      ラッピングカーのメリットは、フィルムをはがせば元通りになり、また違う広告を貼ることができることです。



      貼り替えも短期間で終わるため、セールやキャンペーンの多い企業や店舗に向いています。



      デメリットとしては、フィルムには耐用年数(約3年)があること、また、車体を傷つけてしまった時に部分的な補修が難しいことなどから、恒久的な利用には不向きなことです。

top